レビトラはED治療薬の中でも優れた即効性が特徴です。すぐに体感したい男性にはおすすめです。

レビトラとは

レビトラ

レビトラとはED治療薬です。世界初のED治療薬バイアグラを筆頭にここ日本国内では2番目に国が認めたED治療薬です。このレビトラはドイツに製薬会社を構えるバイエル社から発進され、日本国内では2004年頃に正式に国が認可しました。レビトラという名称の由来はフランス語にあたる、男性定冠詞のleとラテン語で生命とうい意味をもつvitraを組み合わせた事で、男性の生命を全面に押し出しています。

このレビトラのパッケージに関してですが、火のマークがデザインされており、マッチの火をモチーフにし、すぐに着火できるという意味合いを込め、このレビトラの即効性をうたっているのも一つの特徴です。世界ではバイアグラを改良したED治療薬といわれています。いわばバイアグラの欠点を改善したという事です。

バイアグラは世界で初めて勃起不全の治療薬として世に出てきました。この男性のコンプレックスを解消できる薬に世界中の男性が注目し、一気にその人気に火がつきました。
もともとバイアグラというのは、開発の段階では狭心症の薬として設計されていましたが、偶然にも勃起不全に効果的という事から勃起不全に適応症として世にでてきました。

それはアメリカでも日本でも販売当時は一つの社会現象かの如く人気が留まる事をしりませんでした。ただ、バイアグラの欠点をあげると食事によっての影響を受けやすいという事です。使う時には食事と性行為のタイミングを考える必要がありました。

レビトラは食事の影響という点を改善し、普通の食事であれば影響を受けないという優れものとして販売されました。 いうなれば、バイアグラの意思を継ぎ欠点を削いだED治療薬というのが正しいでしょうか。実際にレビトラはバイアグラの欠点を消す為に開発されたED治療薬と称されているのも事実です。

また、レビトラを購入するには、専門のクリニックや病院での処方となっているのが一般的ですが、今は海外個人輸入を代行する通販を利用する事で病院処方よりもうんと安く購入する事ができます。

レビトラの効果

ひらめいて人差し指を上げる

レビトラはED治療薬なので基本的な効果はペニスの勃起のサポートにつきます。ED治療薬だからといって精力剤などとは、全くの別物です。勃起不全の原因は血液の循環に問題があります。このレビトラは勃起に必要な血の巡りであったり、勃起に作用する体の機能を差し止めたりと物理的なサポートです。

精力剤はエッチな気分にさせたり、性的な興奮など媚薬のような効果ですが、ED治療薬は妄想などでは一切反応はしません。性的な刺激をうけてはじめて効果がでてきます。個人差はありますが、中には少し妄想をしただけで勃起できたという男性もいますが非常にまれであるし、その妄想によって性的な刺激と脳が感じれば勃起するので、何もおかしい事ではありません。

レビトラの効果は力強い勃起力をサポートする薬です。勃起のサポートをする上にあたり、バイアグラはシルデナフィル、レビトラはバルデナフィルとなっています。バルデナフィルは即効性です。

レビトラの効果時間

上記で触れた通り、レビトラの特徴は即効性の凄さにあります。ここでも個人は差はあるものの早い人だと20分もあれば効果がみられます。基本的に早く効くという薬には持続時間が短いというレッテルが貼られていますが、レビトラは持続時間も効果発現もバイアグラより少し長くなっています。

持続時間は大まかですが、5時間から10時間程度は効果は持続します。レビトラは2つに分類されます。10mg・20mgに分類されており、10mgでおよそ5時間から6時間、20mgおよそ8時間から10時間としています。勿論効果発現の時間や持続する時間も使う日のコンディションにもよりますが、だいたいはこの時間で体感する事ができます。

レビトラの副作用

SIDE EFFECTS

一般にレビトラの主な副作用として報告(確認)されているのは、顔のホテリ・目の充血・頭痛・動悸・鼻づまりの5つの症状があります。一番一般的なのは、顔のホテリや目の充血がよくみられる副作用です。これは、レビトラを服用する人の過半数以上が経験します。

このような副作用はレビトラの効果に対するリアクションで全て一時的な症状であり、次第に消えていきます。副作用に関して怖がる必要やそこまで心配する事ありません。 病院から処方される解熱剤などを服用するとすぐに眠気が襲ってくるといった感じと何も変わりません。副作用がみられるというのは、その服用した薬の効果がでている裏付けでもあります。

レビトラの飲み方

薬

レビトラの効果を発揮させる為には、用法・用量の正しい飲み方が重要です。なんでもかんでも飲めば良いという事ではなく、いくつか注意すべき点があります。レビトラは食事の影響を受けにくいですが、できることなら空腹時に飲むのを推奨します。

基本的に体の中では栄養分などは全て腸で吸収されるので、胃の中は空の状態が良いというだけの話です。食前にレビトラを飲むという事であれば、最低でも食事をとる30分前が良いです。レビトラを飲んでから食事をとるまでの時間が短いと胃に食べ物が残っているので、吸収する高率が悪くなります。基本的には食事の影響をうけにくいとは説明していますが、実際には胃が空っぽの状態が一番ベストだという事です。レビトラを飲んで30分ほど経過すれば食事をとっても問題ないでしょう。

食後にレビトラを飲む場合には、最低でも2時間は時間を空けて下さい。消化できない食べ物の残りのせいで効果を体感できない可能性はあります。また、脂っこいものを食べる場合は2時間空けたとしても油が胃に付着しているので、あまり効果を体感できない可能性もあります。できる事ならレビトラを飲むのであれば食事はさけるのが一番ベストです。

レビトラのジェネリック

バリフ

レビトラのジェネリックの種類は豊富で、中でも人気があるのがバリフです。そもそもジェネリックってなに?という方の為に簡単に説明します。ジェネリックというのは先発薬(ここでいうレビトラ)の効果や成分が同等の医薬品(ここでいうバリフ)の事を指します。

ジェネリックは先発薬を開発するにあったて開発の段階から世に販売されるまでの間に掛かったコストを大幅に削減でき、先発薬に配合されている成分などを同じにし、見た目の形状や味などに工夫を加えて後発薬として販売します。この先発薬にかかった時間や費用を削減できる事から同じ効果で安いという後発薬がジェネリック医薬品というわけです。そのジェネリック医薬品の中でもバリフは人気があります。